アフィリエイト初心者に人気のAmazonや楽天は辞めたほうが良い?

アフィリエイト初心者に人気のサービスといえば、Amazonと楽天があります。

Amazon と楽天は確かに取り組みやすいアフィリエイトです。ただ、個人的にはそれならASPのアフィリエイトにチャレンジした方が良いのでは無いかと思っています。

なぜ、楽天や Amazon のアフィリエイトはお勧めできないのか。様々な視点から紹介していきます!

Amazon と楽天のアフィリエイト

Amazonと楽天のアフィリエイトは、とにかく気軽に始められて初心者にはもってこいです。

否定しておきながらも、筆者も楽天やAmazonのアフィリエイトをやっていた事がありましたからね(笑)

ただ経験したからこそ、「別にやらなくてもよかったかな」とも思っています。

楽天やAmazonのアフィリエイトに向いているのは、「小遣い程度稼げれば良い」という人だけだと思います。

お小遣い程度というのは、大体月5万円ぐらいです。このぐらいを目標にする人なら、楽天やAmazonでも良いと思います。

ただもっと数十万、あるいは数百万円稼ぎたいという考えなら、この2つのアフィリエイトではほぼ不可能です。

スペシャリストなら月30万ぐらいはいくと思いますけど、それも一握りでしょう。

楽天は購入金額の1%しかアフィリエイトとして支払われません。(一部商品はもっと高い成果報酬もあります)

Amazonは商品によって異なりますが、概ね2%から8%の成果報酬です。

例えば楽天の商品は、5,000円の商品が売れても収入として得られるのは50円だけ。

1ヶ月に100件、5,000円のものが売れたとしてもアフィリエイト収入は5,000円です。

1ヶ月で5,000円のものを100件売るのも結構大変ですから、アフィリエイト収入はなかなか伸びていかないでしょう。

記事のスキルが上がらない

例えば、楽天や Amazon の商品を紹介し、あなたの記事を経由して売れたとします。

それと同じようにASPで紹介されているサービスを紹介しても、売れない可能性が高いです。

それはユーザーの購入する際の慎重さが違うから!

楽天やAmazonの商品は他人が感想や体験談を書いているのを見ると、とても参考になって、「じゃあ買おうかな~」という考えになる人が多いです。

しかし、それがかえって「これくらいの文章でも売れるんだ」という解釈になってしまいがちです。

ASPで紹介されているような商品を売るときは商品の詳しい説明、使いやすさ、感想、デメリットなど様々な要素が必要になってきます。

Amazonや楽天ではそこまで深い記事を書いていない人も多いので、いざASPの商品を取り上げて記事を書いても、あまり売れないという事態に陥ってしまうのです。

記事を書くスキルを上げるには、ASPの商品やサービスの方がお勧めです。

目先の利益より遠くの大きい報酬を目指すべき!

Amazonや楽天のアフィリエイトを始めれば、早い人なら1週間以内であっという間にアフィリエイト収入が入ってくるかもしれません。

そういった成功体験がやる気を見生み出し、更に記事を書こうという気持ちになるのも確かに頷けます。

しかし、最初はそれでよくてもAmazonや楽天のアフィリエイトでは、収入の伸びに限度があります。
おそらく数万円が限界という人が多いのではないでしょうか。

それだったら同じ時間をASPの商品を取り扱った記事作成に費やしてみてはいかがでしょうか。

おそらく3ヶ月、あるいは半年ぐらい利益が出ないという人もいるかもしれません。ただ、それは修行期間と思って割り切った方が良いです。

さるかに合戦のように目先のおにぎりをとるか、将来たくさん食べられるカキの種を選ぶのかということに似ていると思います。

是非、将来たくさんなる柿の生育に取り組みましょう!

リンク切れが多く、面倒くさい

Amazonや楽天のアフィリエイトのデメリットの1つがリンク切れ。

取り扱っている商品が売り切れたり、あるいはお店自体がつぶれてしまったりなどして、リンク切れを起こすことがあります。

その都度、リンクの差し替えや記事の差し替えをするのはかなりの手間です。リンク切れになったものを放置していても収入にはつながりにくいですから、常にメンテナンスが必要になってきます。

もし記事で大絶賛している商品の販売が終了してしまったら、リンクの差し替えも難しいでしょう。

一方、ASPの商品やサービスはなかなかリンク切れを起こしにくいです。取り扱っている期間が長いものが多く、随時メンテナンスが必要になってくるということはそんなにありません。

特にサービス系(例えば、保険、クレジットカード等)は半永久的に紹介しているものが多いので、リンクの修正が必要になることはほとんどありません。

手間という意味でも、楽天やAmazonのアフィリエイトはあまりお勧めできないです。無駄な時間を防ぎ、記事作成の尽力しましょう!

コミュニケーションのコツ

1.難解な言葉をつかわない。

難解な言葉を使って相手を屈服させようとしないでください。相手がわからない言葉を利用して相手の言葉を封じ込めないでください。それはアナタが想像している以上に傲慢で愚劣なやりかたなんです。

2.大きな声話さない。

あなたの発言を聞いてもらえないからといって大きな声で話さないでください。あなたの発言を聞いてもらえないのは、あなたに価値がないからなのです。あなたの価値を高めてください。賢者はいかに小さな声で話そうとも、かならず話に耳を傾けてもらえます。

3.必要なことを話す。

本当にその発言が必要かどうか、自分に問いてから話してください。人はだれしも不要な言葉を発しすぎます。いつも話しすぎているあなたの友人を思い浮かべてください。彼の言葉に力を感じますか?

4.話すことより聞くことに時間をかける。

話すことが得意だと思われたいなら、聞くことです。あなたは話している時間の二倍以上の時間を、聞くことに費やす必要があります。それを繰り返していたら、あなたは「聞き上手」なだけでなく「話し上手」だと認知されるようになります。

5.相手が話している間に、自分が次に話す内容を考えない。

相手が話しているときは、その話に集中してください。その話から何かを得てください。相手の息遣いを感じてください。世のほとんどの人は、相手が話している間、次に話す内容を考えていて、話してくてウズウズしている様子を相手に感づかれてしまっています。

成功法則の本を読んでも成功できない理由

成功法則の本というのは、あたりまえだけれど、多くの場合、成功者が書いています。成功してしまうと成功者はどう考えるか。

それは、とにかく驕らない・油断しないということを意識するんです。

一度成功したら、人への感謝を忘れない。人の役に立つために生きるなんていうことを本気で考えてしまうんです。おそろしいことに。

もちろん、そのことは、間違ったことではありません。

だけど、ほんとうにその成功者は、そういうことばかりを考えて成功してきたのかということには疑問が残ります。

多くの場合、ほとんどの成功者は、最初は、自分の儲けのことだけ考え、私利私欲に突っ走り、そのうち成功をおさめて行く過程で、徐々に人間性が変わっていったんです。

そりゃあ、成功したら言いますよ。お金が全てじゃない。人の役に立たなければいけないって。

だけど、逆に、人の役に立ちたいと真摯に考えている人の中に成功者がどれくらいいるのかを考えてみてください。人の役に立ちたいと思っている人がみんな成功者になってるかどうかをよく考えてみてください。

だいたい、食費さえギリギリで生活しているような状態で、人への感謝とか言い出す奴がいたら頭がおかしいって思うでしょう? それと一緒で、スタート段階からそんなことを考える必要はないんです。もちろん、最低限の倫理観は持っていなければなりませんが、最初はきっちり、お金のために働きましょう。あなたの欲を満たすために働きましょう。そのことをきちんと整理しておきましょう。

自分を騙す必要はありません。余裕ができたら、好きなだけキレイゴトを並べ立ててください。

アフィリエイトをしていると、自分がやっていることがばからしくなることがある

アフィリエイトをしていると、自分がやっていることがばからしくなることがあります。

  • みんなは会社に行っているのに。
  • みんなはもっと価値ある仕事をしているのに。
  • みんなはもっと大きな仕事をしているのに。
  • みんなは楽しそうなのに自分は孤独だ。

もちろん、いつもこんなことをかんがえているなら、さっさと就職した方がいいと思うんですが、自分がアフィリエイトで生きていこうと誓った人でさえ、そういう感覚になってしまうことが時にあります。

そういうときは、アフィリエイターになったことでしなくてよくなったことを書き出してみることをオススメします。

  • 満員電車に乗らなくてよくなった。
  • 嫌な上司に会わなくていい。
  • 人に会わせた行動をしなくていい。
  • スーツを着なくていい。
  • 人の失敗を自分のせいにされなくていい。
  • 眠いのに無理に起きなくていい。

書けば書くほど、今の状況に感謝したくなるものです。

わたしはアフィリエイターとしての生活に大変に満足していますが、それでもときおり、もしも会社員だったらと思うことがあります。そのたびに、こういうことを思い返しては、ぜったい無理だな……と、いつも身震いしています。

もちろん向き不向きの問題なのなのでしょうが、こういうことを考えることで前向きになれるかもしれませんね。

制約こそが成長の源である

わたしは若い頃に会社を経営していました。その会社には優秀なエンジニアがいました。私が思ったことは、すべて実現することができました。

こんなサーバが欲しい。こんなプログラムが欲しい。こんな風に表示されるようにして欲しい。

とにかく、こちらが言ったことは、たいてい実現することができました。

一人で仕事をしていたころは、「エンジニアさえいたら簡単に儲けられるのに」といつも思っていました。

しかし、実際にエンジニアに作ってもらったWebサービスは、ほとんど儲からなかったんです。もちろん、そのエンジニアが悪いのではありません。わたしのアイデアは、ほぼ完璧に実現されていたのですから。

悪いのはわたしのアイデアだったんです。私は、それまで自分のアイデアが実現すれば、ぜったいにもうかると空想していました。

実際には、その程度のことを思いつく人はいくらでもいるし、エンジニアもたくさんいるんですね。

制約条件が成長条件である

今は、自分がプログラムを書けないという制約条件を成長条件であると考えています。プログラムを書けないからこそ、余計なことを考えないで済む。ブログを書くことに集中できる。

みなさんもぜひ、自分の制約条件ばかりに気を取られないで、自分の強みを活かしてください。

制約条件が多ければ多いほど、そのなかで新しい方法を考えることができます。厳しい環境ほど、自分を成長させることができると考えてください。

どうして絵かきはキャンパスと絵の具しか使わないのか?

どうして彫刻家は木や石を削る以上のことをしないのか?

それは、制約こそが成功を約束してくれるからです。

すぐやる

アフィリエイターであるあなたはたくさんの仕事を抱えているでしょう。

  • あたらしい商材を探す。
  • 更新する。
  • デザインを直す。
  • ドメインをとる。
  • サーバを見つける。
  • アップロードする。
  • 資料を読む。
  • メールの返信をする。

そしてたとえば、今目の前に更新しなければならないアフィリエイトサイトがあったとしたら、あなたはこう考えるんです。「あ、そうそう。このサイトは更新しなきゃいけないな」

そして、また次に返信しなきゃいけないメールを読んでこう思うんです。「あ、そうそう。このメールは返信しなきゃいけないな」って。

そうして、「しなきゃいけないこと」を並べ立てて、じっさいの作業をせずに忙しい忙しいと唱えているんです。

そうじゃない。すぐやればいいんです。とにかくすぐにやる。優先順位が低いから、同様の作業はひとつにまとめたほうが効率がいいから、この作業はこの時間にやったほうがいいから、まとまった時間がとれたときにやったほうがいいから。

イイワケはたくさん。

とにかく目についたら、すぐにやる癖をつけましょう。それ以上に仕事を早く終わらせる方法はありません。

四つのセイ

日本には四つのセイという言葉があります。

整理・整頓・清潔・清掃のことです。

これを日常の自分の業務に取り入れましょう。デスクの上は必ず綺麗にしておく。PCのデスクトップも必ず綺麗にしておく。ファイル名は規則にそって入力する。「新しいフォルダ」なんていう名前のフォルダは決して作らない。適当なフォルダにファイルを放り込まない。きちんと分類する。

そういうことを考えながら作業をするのは、「最初は」非効率です。

しかし、仕事が巨大になればなるほど、仕事の数が多くなればなるほど、あなたの整理整頓が大きな価値を生みます。

また、自宅で仕事をしているからこそ、よけいに身なりに気を使ってください。清潔・清掃を心がけてください。「人と会う時だけ綺麗にしよう」なんて思っていても、相手には伝わってしまいます。きちんとした生活を送っている人間であることを誇りに思いましょう。

ずっと自宅で仕事をしているからこそ、そういう部分に神経質であるべきです。

GTD のコツ

頭の中にある「やるべきこと」を全て書き出しましょう。

いわゆるGTDですね。

「ナレッジワーカー(知識労働者ないし頭脳労働者)の仕事術」と呼ばれ、「次に何をやるか」という予定やスケジュールの管理、作業する上でのモチベーションを損なわないための体制作りなどが含まれる。心理的な負担を減らしながら個人の生産性を上げることを主眼とし、簡単な5つのステップを実行することによって成し遂げたいことを現実にするメソッドである。基本はなすべき仕事のリストを何かに記録しておくことで、頭の中からなすべき仕事のことを追い出すことである。これで頭の中はすべき仕事全部を覚えなくてもよくなりすっきりとし、リストに基づき実際の仕事をこなすことに集中できる。
Getting Things Done – Wikipedia

紙とペンを用意して、あたまのなかをとにかく吐き出す。私は初めてのGTDに2時間かけました。とにかく、最後まで出し尽くすんです。

そして、それを片っ端から片付けて行くんです。

始められないタスク

さて、そうすると、いつまで経っても手に付かないタスクというのが出てきますね。

ここがGTDのキモです。

もしも手に付かないタスクがあったら分解しましょう。手に着くようになるまで分解しましょう。

たとえば「不用品をヤフオクに出す」というタスクがあったとします。それを始められないとしたら、タスクが大きすぎるんです。これを分解していきます。

  • 不用品を写真に撮る。
  • ヤフオクの文面を考える。
  • ヤフオクに出品する。

と、3つに分類します。

さて、それでもタスクに手がつかなかったら?

さらに分解します。

  • 家にある不用品を探す。

からはじめましょう。

それでも手につかなかったら?

さらに分解します。

  • 家にある不用品を1つだけ探す。

ここまでくれば、タスクに手がつくんじゃないでしょうか。

GTDのメリット

GTDを使う最大の利点は、脳が空っぽになることです。

脳が空っぽになるから、より生産的なことに脳をつかうことができるんです。

私たちの脳はつねに「しなければならないこと」で溢れています。「しなければならないこと」に押しつぶされて創造性が失われているんです。

さらにいえば、「しなければならないこと」がもしもなかったとしても、「しなければならないことがなかったかな?」という考えが脳内をさまよい続けます。

いちど書き出してしまえば、そんな考えはすべて脳から排除することができるんです。そうしておもいっきりクリエイティブなことをしましょう。あるいは愛する恋人や家族と楽しい時間をすごしましょう。

アフィリエイターとパーキンソンの法則

「仕事は、設定された時間ちょうどに終わる」

聞いたことがありませんか?

これをパーキンソンの法則といいます。

たとえば、なんらかのプロジェクトに5日間を割り当てたとしたら、その仕事が3日で終わる作業量だとしても、きっちり5日間かかってしまうんです。Webの仕事はとくにこの傾向が強いでしょう。

ならばこの法則を逆に利用すればいい。5日間かかりそうなプロジェクトだったら2日間で終わらせるスケジュールをたてましょう。それで終わらなくても、だれも文句は言いません。私たちはアフィリエイターなんですから。

逆に、もしも2日間で終わったとしたら? 私たちは金銭的にも精神的にも、とっても大きな報酬を得ることになりますね。

なぜ他人のアフィリエイト成功体験から学んでも自分は成功できないのか。

「わたしはこうやって成功した。だからきみたちもこうやれば成功できる」

というアフィリエイトの情報商材やセミナーが多いですね。

しかし、アフィリエイトで成功した本人であっても、「もう一度成功できるかどうか」はわからないものです。

もちろん、彼らも、それをわかっているからこそ、セミナーなどで稼ごうとしているのかもしれませんが。

たとえば、じゃんけんトーナメントがあったとします。100万人が参加したとして、最後まで勝ち残った人が「じゃんけんに勝つ方法」を出版したとしたらあなたは買いますか?

買いませんね。ばからしい。しかし、実際には、FXや株やアフィリエイトで、これと同じようなことが起こっています。

もちろんじゃんけんに比べれば偶然性は低いでしょう。それでも、そのノウハウの再現性があるのかどうかはわからないことなんです。

さっきはじゃんけんのトーナメントの例をあげましたが、これがたとえば麻雀だったらどうでしょうか。

優勝する可能性が高い人と低い人はいますが、一番麻雀が強い人が一回戦負けする可能性も存在しますね。

自己啓発書をいくら読んでも、いつまでたっても年収が10倍にならないのはなぜなのか、よく考えてみる必要がありそうです。