アフィリエイトと代表性ヒューリスティック

Aというアフィリエイト商材を扱おうかどうしようかと考えた時、Aに似た商材を思い浮かべて、その商材をもとに判断します。

このようにあなたの過去の記憶に基づいて判断を下すことをヒューリスティックと言います。経験則のようなものだと思ってください。

さらに、何事かの発生確率を考えるときに、その出来事の典型的な特徴に対する確率だけを過大に考えてしまうことを代表性ヒューリスティックといいます。

パンダアップデートで○万円分のアフィリエイト収入がふっとんだ。なんていうブログを読むと、自分も対策しなくては。なんて思いますよね。

でも、よくよく考えてください。起こるかどうかわからない順位低下の対策を過去のアフィリエイトサイトに施すことと、あたらしいアフィリエイトサイトをどんどん立ち上げて行くこととどっちが費用対効果が高いでしょうか。

これは、代表制ヒューリスティックによって、自分のアフィリエイトサイトも順位が低下してしまうのではないかと強く思わされている例ですね。

「リスクがあるかもしれない」と、いつまでも心配し、生産性の高いタスクをこなせない状況に陥っているのかもしれません。一度、冷静に、費用対効果を考えてみてください。

アフィリエイトとアンカリング

普段は○○円のところ、いまなら○○円。なんて書いてあると目をひきますね。

スーパーマーケットなんてコレばっかりです。たとえば冷凍食品って半額セールばっかりやっていませんか? これはもともと冷凍食品には希望小売価格がなかったのにスーパーが勝手に定価を決めて半額表示をしたんです。ところが消費者庁がこれを「二重価格にあたる」として、禁止しました。だから多くのスーパーでは、特定の曜日にだけ半額セールをしている場合が多い。

というわけで、善悪は別にして、こういう値段の表示の方法には強い効果があります。

実際には、買い物をするほうからしたら、「もともとの値段」にはあまり意味がありませんね。今、その商品がいくらなのか、見合った価値があるのか、が大切なのに、元の値段に判断が左右されてしまう。

このように最初に値段などの基準を提示して、それによって思考が制限されてしまうことをアンカリングといいます。

船をイカリ(アンカー)で固定してしまうと、その場所から大きく動くことはできないということですね。

アフィリエイトでも、もしも、利用できるなら、ぜひアンカリングを徹底的に利用しましょう。

  • 先月までは○○円だったのに、今では○○円になった商材があります。
  • いつもは、特典はありませんが、いまなら○○がついてきます。
  • ○○を買うと、○○が安く購入できます。

などなど。

アフィリエイトで儲かり始めた時期の不安

アフィリエイトをしていると、儲かり始める時期があります。

「あれ? なんだか売り上げが増えてきた……」

そう思うと、なぜか怖くなります。お金が怖いものに思えてきます。あんなにお金が欲しかったのに。あんなに売り上げが欲しかったのに。

そこで、多くの人は、無意識に自分にブレーキをかけてしまうんです。

不安が不安を呼ぶんですね。

でも、そこで突き抜けなくてはいけません。そういうときこそ、不安を根こそぎ追い払って突き抜けて下さい。稼ぎまくってください。そこが、いちばん「アクセルを踏み込まなければいけない瞬間」なんです。

これって、たぶんアフィリエイトの成功者には、同意していただける方が多いんじゃないかな。

僕自身も、いままでの人生で何度かブレーキを踏んでしまったことがあるように思います。

チャンスは何度訪れるのかわからない。それでも、チャンスの時にはかならずアクセルを踏み込む準備をしておいてください。

もしも今、まったく売り上げのない初心者アフィリエイターであったとしても、その時のための心の準備は必要なものです。

リピーターを増やすことがアフィリエイトの成功へと繋がる

私はとあるジャンルの商品の比較サイトを持っています。私が商品を比較しレビューを書いています。

多くの方にリピーターになっていただいており、そのジャンルの新商品が発売されると、まず最初に私のウェブサイトに来て、商品の比較を読み購入していただいているユーザの方がたくさんいらっしゃいます。

このリピーターを増やすというのが商売の基本です。

もちろん、SEO で Google からの新規ユーザを増やすのも大切ですが、それには途方もない努力が必要です。

ある程度のアクセスがあるのなら、まずはリピーターの比率を増やしていくほうが簡単です。

同一ユーザの訪問回数が増えるほど、コンバージョンは上がっていきます。

そこで今回はリピーターを増やす方法をまとめてみました。

SNS

ツイッターやフェイスブックはで拡散してもらうだけが目的ではありません。SNSユーザは、自分のログを見返すことが多い。だから、増やすための導線にもなりえるわけです。

個性的なデザイン

再訪したときに、すぐに前回と同じサイトだということがわかるようにしなければいけません。新しい情報を検索してたどり着いたユーザが「またここのサイトか」と思ってくれるようなサイトにならなければなりません。いつもこのサイトに自分の知りたい情報があると思ってくれたら、さらなる再訪を促せます。

はてブ(ソーシャルブックマーク)

最近はホットエントリーにどうやって入れるかという記事ばかりが目立ちますが、そもそもは、ユーザが自分の再訪のためにするものがブックマークですよね。ソーシャルであっても、その役目がなくなったわけではありません。

RSS・feedly

とくに訪問者のリテラシの高いサイトの場合は、ぜったいに設置しておく必要がありますね。

更新頻度

より多く更新してください。もしも再訪して更新されていなければ、二度と来てくれないかもしれません。

商品をリポジショニングする

TUBTRUGS(タブトラッグス) っていうゴムで出来た万能バケツがあります。

これっていろんなことに使えるので、洗濯カゴにしたり園芸用品にしたりおもちゃ入れにしたりペッドのベッドにしたりと、みなさまいろいろ工夫をされているようです。

たとえば、あなたが、温泉に関するウェブサイトを持っていたら、タブトラッグスを使って足湯をするというノウハウページを用意したらいかがでしょうか。

こういうふうに、既存の商品を、新しい角度から紹介することで商品を再提案することをリポジショニングといいます。

ぜひ、アフィリエイト商材・商品を、いかにリポジショニングするかを考えてください。

あなたが美容のウェブサイトを持っているなら、化粧品ばかりにとらわれないでください。

そのジャンルの王となろうとしているなら、徹底的に他ジャンルの商品をリポジショニングすることです。

そのジャンルに興味があるユーザにとって、それほど魅力的な提案はないんです。だれしもが、新しい発想を欲しているんです。そして、新しい発想を提供してくれるウェブサイトを Google のアルゴリズムは探し続けているんです。

読んでおくべきアフィリエイト関連エントリ

アフィリエイト初心者の方が読んでおくべきエントリをまとめました。きっとみなさんを勇気づけてくれると思います。

人生を変えるために死なない程度に本気でやらなければいけない時がある | アフィリエイト野郎

月5~7万円くらいのアフィリエイターが月100万アフィリエイターになるまでの道のりを書いています。こういう努力というのはなかなか見ることができないものなので、公開してくれるのはありがたいですね。

2011年はかなりの時間をアフィリエイトサイト作りにあてました。平均睡眠時間は5時間ほどで、あとは食事と軽い運動の時間を除き基本的にはアフィリエイトサイトを作っていました。

とのことですから、途方も無い時間をアフィリエイトにつぎ込んでいます。儲けることは簡単ではないけれど、努力さえすれば難しいことではないと、背中を押してくれるエントリです。

新規サイトを公開してアクセス数がボカン!するまでの期間 | WP SEOブログ

アフィリエイト野郎と同じくパシさんという方が書いているブログです。

アクセスが増えなくても我慢してブログを書き続けなければいけないということが書いてあります。やっぱりきちんとした記事数が100は必要なんですね。みんなが通る道だと思って粛々と書き続けるしかありません。

アフィリノウハウ系サイトを回っていると1ページのペラサイトで売り上げがある、みたいなことを書いている方もたくさんいらっしゃいますが、たいてい、そういう方はとんでもない数のペラサイトを作っているものです。

どちらが自分のやりかたに合っているか決めて、決めたらあとはやるだけ、です。

アフィリエイト手法の変遷 ~ジャンルの王になるまでの軌跡~ | うえのんブログ

こちらは、まずは10記事程度のサイトを作りまくって、得意ジャンルを探すという手法ですね。

わたしの場合は、得意なジャンルを作る前から決めてしまって、そこを集中的に攻めるという手法をとっていますが、いろいろなことをやってみて新たな発見をしていくというのも新鮮味があっていいかもしれませんね。

こちらのブログを書いているうえのんさんも下記のようにおっしゃっています。

アフィリエイトの手法は人それぞれです。どんなやり方だっていいです。ジャンルを絞らなくてもいいです。ペラサイトでもいいです。完全ホワイトハットでもいいです。でも頻繁に手法がブレるのだけはやめておいたほうがいいです。

心が揺らいでしまいそうなときには、この言葉を思い出して下さい。

2014年3月のアフィリエイト収入 | アフィリエイト体験談 9割は失敗だった

タイトルが潔くて素敵ですね。「9割は失敗だった」。

アフィリエイト収入の推移をすべて公開しています。とにかく、最初に増やすのがすごく大変なことと中だるみがあることはみなさん共通しているんですね。

また、いくつか、所有サイトを公開しているので、このレベルのサイトを作れる人はこのくらいの収入になるのか、という目安になるかもしれません。

パルどう流、内部SEO対策

全体的に軽くてオモシロな記事が多いブログです。ただ、なかにはすごく重要で役立つエントリがあるので、チェックしてみてください。

WordPress のプラグインのせいでログインできなくなったら?

WordPress のプラグインのせいでログインできなくなったときは、FTPから、wp-content へ行き、 plugins フォルダの名前を変更しましょう。plugins.xxx とかに。

そしたらプラグインが無効になるので、ログインできます。

ログインできたら、plugins.xxx を元の名前に戻し、ひとつずつ有効にしていきます。

そんだけ。簡単だね。

売りたい商品のランキングを明確にしよう

あなたがオススメする商品の順番を明確にしましょう。そしてランキングを作りましょう。

1位○○

2位○○

3位○○

のようなランキング形式にしなければならないということではありません。

初心者のアフィリエイトサイトは、ただ商品を陳列しただけのようなサイトが多すぎるんです。

あなたが一番オススメする商品に圧倒的な情熱を傾けましょう。熱意を感じてもらいましょう。2番めの商品もそれなりに。3番目の商品はどうでもいいかも。4番目以降なんて置いておくだけでいいんです。

そういう情熱をユーザは敏感に感じ取ります。文字の一語一句から、大きな差がうまれます。

あなたの情熱がなければ、それはその商品の販売サイトから直接購入するのと一緒です。あなたのアフィリエイトサイトに価値はありません。そして、価値のないサイトをGoogle は徹底的に嫌います。

ぜひ、商品に序列を付けて下さい。そしてあなたのプロフェッショナルとしての意見・提案を書きこんでください。その商品にたいする解説を世界一のものにしてください。

また、1つでも購入したユーザが2つめの商品を購入する確率は、とても高いというのはわかると思います。何かを購入してくれたユーザを手放さない方法を模索し、リピーターになってくれる工夫を考えておきましょう。

アフィリエイトサイトのトップページのつくり方

初心者の作ったアフィリエイトサイトのトップページを見ると、たいていリンクが少なすぎます。トップページからコンテンツへのリンクはもっと多くていい。

トップページからのリンクが少ないとリピーターは使いづらいんですよね。たとえば、ヤフーってトップページからのリンクがすごく多いですよね。だから使いやすいですね。

さらに、トップページからのリンクが多いと、google がクロールしやすくなるので、インデックスされやすくなります。

ただ、トップページのリンクが多いと、どこに何を配置するかというデザインが難しくなる。コンテンツをまとめ、分類し、配置する。このあたり、ヤフーは、徹底的に考えられていますよね。

このときの配置のコツは、いろいろなユーザを想定してみることです。

  • 初めてアクセスしてAとBを比較している。
  • 何度も訪問しているので新着情報だけを見たい。
  • ○○を買うと決めているので、最終決断をしたい。

そして、そういうユーザに最適解を提供してあげてください。

そして、ぜひ、いろいろなアフィリサイトを見て、トップページからのリンクがどれだけ多いか、調べてみてください。あなたが初心者なら、自分のサイトよりきっとリンクが多いはずです。

WordPress + GoogleChrome で、入力画面がどんどん縦に伸びていってしまう場合の対処法

私は、WordPress + GoogleChrome を利用しているんですが、なぜか 3.9 にアップデートして以降、入力ボックスが縦にどんどん伸びていってしまうようになりました。

あんまりネット上に困っている人もいないのでどうしようかなと思っていたら、すこし古い情報ですが、対策を発見しました。

WordPress 3.5でテキストエディタボックスが縦に伸びて困る 【一応解決編】 | hihi1d.com

hihi1d.com さんというブログです。

実際には、「縦に伸びない」というわけではなくて、伸びてもすぐに戻せるというだけなんですが、それでもすごく助かりました。アリガトウ!