成功法則の本を読んでも成功できない理由

成功法則の本というのは、あたりまえだけれど、多くの場合、成功者が書いています。成功してしまうと成功者はどう考えるか。

それは、とにかく驕らない・油断しないということを意識するんです。

一度成功したら、人への感謝を忘れない。人の役に立つために生きるなんていうことを本気で考えてしまうんです。おそろしいことに。

もちろん、そのことは、間違ったことではありません。

だけど、ほんとうにその成功者は、そういうことばかりを考えて成功してきたのかということには疑問が残ります。

多くの場合、ほとんどの成功者は、最初は、自分の儲けのことだけ考え、私利私欲に突っ走り、そのうち成功をおさめて行く過程で、徐々に人間性が変わっていったんです。

そりゃあ、成功したら言いますよ。お金が全てじゃない。人の役に立たなければいけないって。

だけど、逆に、人の役に立ちたいと真摯に考えている人の中に成功者がどれくらいいるのかを考えてみてください。人の役に立ちたいと思っている人がみんな成功者になってるかどうかをよく考えてみてください。

だいたい、食費さえギリギリで生活しているような状態で、人への感謝とか言い出す奴がいたら頭がおかしいって思うでしょう? それと一緒で、スタート段階からそんなことを考える必要はないんです。もちろん、最低限の倫理観は持っていなければなりませんが、最初はきっちり、お金のために働きましょう。あなたの欲を満たすために働きましょう。そのことをきちんと整理しておきましょう。

自分を騙す必要はありません。余裕ができたら、好きなだけキレイゴトを並べ立ててください。

アフィリエイトをしていると、自分がやっていることがばからしくなることがある

アフィリエイトをしていると、自分がやっていることがばからしくなることがあります。

  • みんなは会社に行っているのに。
  • みんなはもっと価値ある仕事をしているのに。
  • みんなはもっと大きな仕事をしているのに。
  • みんなは楽しそうなのに自分は孤独だ。

もちろん、いつもこんなことをかんがえているなら、さっさと就職した方がいいと思うんですが、自分がアフィリエイトで生きていこうと誓った人でさえ、そういう感覚になってしまうことが時にあります。

そういうときは、アフィリエイターになったことでしなくてよくなったことを書き出してみることをオススメします。

  • 満員電車に乗らなくてよくなった。
  • 嫌な上司に会わなくていい。
  • 人に会わせた行動をしなくていい。
  • スーツを着なくていい。
  • 人の失敗を自分のせいにされなくていい。
  • 眠いのに無理に起きなくていい。

書けば書くほど、今の状況に感謝したくなるものです。

わたしはアフィリエイターとしての生活に大変に満足していますが、それでもときおり、もしも会社員だったらと思うことがあります。そのたびに、こういうことを思い返しては、ぜったい無理だな……と、いつも身震いしています。

もちろん向き不向きの問題なのなのでしょうが、こういうことを考えることで前向きになれるかもしれませんね。

制約こそが成長の源である

わたしは若い頃に会社を経営していました。その会社には優秀なエンジニアがいました。私が思ったことは、すべて実現することができました。

こんなサーバが欲しい。こんなプログラムが欲しい。こんな風に表示されるようにして欲しい。

とにかく、こちらが言ったことは、たいてい実現することができました。

一人で仕事をしていたころは、「エンジニアさえいたら簡単に儲けられるのに」といつも思っていました。

しかし、実際にエンジニアに作ってもらったWebサービスは、ほとんど儲からなかったんです。もちろん、そのエンジニアが悪いのではありません。わたしのアイデアは、ほぼ完璧に実現されていたのですから。

悪いのはわたしのアイデアだったんです。私は、それまで自分のアイデアが実現すれば、ぜったいに儲かると空想していました。

実際には、その程度のことを思いつく人はいくらでもいるし、エンジニアもたくさんいるんですね。

制約条件が成長条件である

今は、自分がプログラムを書けないという制約条件を成長条件であると考えています。プログラムを書けないからこそ、余計なことを考えないで済む。ブログを書くことに集中できる。

みなさんもぜひ、自分の制約条件ばかりに気を取られないで、自分の強みを活かしてください。

制約条件が多ければ多いほど、そのなかで新しい方法を考えることができます。厳しい環境ほど、自分を成長させることができると考えてください。

どうして絵かきはキャンパスと絵の具しか使わないのか?

どうして彫刻家は木や石を削る以上のことをしないのか?

それは、制約こそが成功を約束してくれるからです。

すぐやる

アフィリエイターであるあなたはたくさんの仕事を抱えているでしょう。

  • あたらしい商材を探す。
  • 更新する。
  • デザインを直す。
  • ドメインをとる。
  • サーバを見つける。
  • アップロードする。
  • 資料を読む。
  • メールの返信をする。

そしてたとえば、今目の前に更新しなければならないアフィリエイトサイトがあったとしたら、あなたはこう考えるんです。「あ、そうそう。このサイトは更新しなきゃいけないな」

そして、また次に返信しなきゃいけないメールを読んでこう思うんです。「あ、そうそう。このメールは返信しなきゃいけないな」って。

そうして、「しなきゃいけないこと」を並べ立てて、じっさいの作業をせずに忙しい忙しいと唱えているんです。

そうじゃない。すぐやればいいんです。とにかくすぐにやる。優先順位が低いから、同様の作業はひとつにまとめたほうが効率がいいから、この作業はこの時間にやったほうがいいから、まとまった時間がとれたときにやったほうがいいから。

イイワケはたくさん。

とにかく目についたら、すぐにやる癖をつけましょう。それ以上に仕事を早く終わらせる方法はありません。