表記の揺れの問題

ぼくは普段はサーバーをサーバと書きます。

google で調べるとサーバは約 12,900,000 件。サーバーは、約 28,100,000 件とはるかに多いですね。

アフィリエイトをするなら、こういう表記の揺れに敏感になっておきましょう。

カタカナだけではありません。漢字で書いたほうがいいのか。ひらがなで書いたほうがいいのか。どんな漢字をあてるか。どんな送り仮名にするか。

そういうことにセンスがない人は、やっぱり売れなそうなアフィリサイトを作っていますね。

ま、ぼくは「サーバ」表記を使いますけど。

アフィリエイトキーワードをいかに絞り込むか

アフィリエイトで大切なことはキーワードをいかに絞り込むか、です。

初心者はたとえば「育毛」をキーワードにしちゃいます。

「育毛」なんて難しすぎます。ネットの藻屑となって消えていきます。

たとえば、「育毛シャンプー」にしましょう。

それでも広いですね。

「育毛シャンプーの体験」ならどうでしょう。

「育毛シャンプーの効果」とか。

実際に自分で使ってレビューを書いていけば絶対にアクセス増えていきますよ。

とにかく、インターネットっていうのは無数にウェブサイトがあるんだから、google が有益な情報を提供したいと思ったら、より専門的なサイトを上位表示するはず。そういう想定のもとにキーワードを選定していってください。

ちなみに「育毛シャンプー」で検索してみてください。育毛サイトは上位に来ませんね。「育毛シャンプー」のサイトが上位に来ているはずです。

絞り込むというのはそういうことです。

アフィリエイトサイトに必要なのは情報の整理

コンテンツが多ければ多いほど上位表示できるというのはもはやSEO界の常識ですね。

でも、だからといってやたらめったらいろんな記事を書いていって、内容がどんどん被っていってしまっているサイトを見かけることがあります。

内容がかぶるコンテンツがあると、google は、そのページを低品質だと判断します。

かぶっている記事は視点を変えて書きなおしてください。

あまりにも低品質な記事は削除してください。

最初に目に入るフレーズを考える

トップページにアクセスしてくれた最初のユーザにどんなフレーズを見せたら効果的かを考えましょう。

たとえば……

  • ○○で本当にいいんですか?
  • ○○への入会はちょっと待って!
  • 本気で○○したい人以外は見ないでください。

っていう感じのサイトが多いですよね。でも、こういうフレーズってやっぱり効果的なんです。いろいろ試した末にこうなっているんですね。

いろいろなサイトをまわって、あなたが一番最初に読んだ文章はどの位置にあったか。そして、その文章を読んでさらに先に進もうと思ったか。あるいは離脱したか。を常に考えるようにしてください。

たとえば、

○○と○○はオススメです。

なんて書いてあっても、ユーザは何も感じないし、脳を素通りするだけですね。そんなフレーズはスペースの無駄です。どうしたら、ユーザの注意を惹きつけることができるでしょうか。

買うか買わないかではなく比較させる

商品の紹介文を延々羅列し、最終的に買うか買わないか決断を迫る。そういうアフィリエイトサイトがあります。

しかし、できればユーザには選択をさせるほうがずっとアクションを起こしてもらえる可能性が高くなります。

たとえば、「○○のご購入はコチラ」というリンクだけのLP(ランディングページ)よりも下記のように選択肢が多いほうがユーザはアクションを起こしやすい。

  • ○○のご購入
  • お問い合わせ
  • 資料請求

あるいは、A・B・Cと3つの商品を並べたほうが売れやすいかもしれない。たとえば、Aという商品しか売るつもりがなくてもBもCも並べたほうがAが売れる場合があります。

とにかく、ユーザは自分が何かを比較し、満足して買ったという安心感を欲しているんです。

人間は0(ゼロ)か1(イチ)かの選択肢を嫌う生き物です。子育てのご経験のある方は、思い当たりませんか?

お子さんは、「Aをしてはいけません!」というよりも「BかCかどちらをしなさい」のほうが、言うことを聞いてくれるものです。

一方的な条件提示をしてはいけません。選択肢を与えて「ユーザが選んだかのように」思わせてください。

買ってください!買ってください!買わないんですか?

そんな声には誰も耳を傾けてくれません。

さらにこの方法は応用が効きます。

たとえば、1000円の商品を売りたいなら、となりに3000円の商品と500円の商品を並べるんです。そして、1000円の商品のコストパフォーマンスをそれとなく宣伝するんです。

  • 3000円の商品は質はいいけど、3倍の価値があるかというと……。
  • 500円の商品にたった500円を足すだけで1000円の商品を買えるならぜったいにこっちのほうが得だと思います。

といった具合にです。

大規模電気量販店に行くと、高級な超巨大テレビが大きな場所を占めていますよね。あれは、実際にはたいして売れていません。それでも消費者に比較をさせて購入を促す「道具」として置いているんです。もちろん「品揃えがある」という意味のアイコンとしての意味も大きいですね。

というわけで、「ユーザには決めさせるな、選択させろ」というお話でした。

書類の整理・データの整理

典型的なホワイトカラーは物を探すのに平均で年間六週間を費やしているそうです。つまり、1ヶ月半モノを探し続けているわけです。

モノがきちんと整理されていれば、すくなくともこの時間を3分1にすることができるでしょう。

私はありとあらゆる書類を徹底的に分類しています。

書類の分類の仕方は簡単。

まずは書類をすべて一箇所にあつめる。

そして心に誓う。

「絶対にすべて整理する」

ほとんどの人の仕事の書類なんて、必死に整理分類し続ければ1日で終わります。

具体的な書類の整理方法

まず、本当に重要な書類は、大切な場所を一箇所決めてそこに置きます。

いらない書類は捨てます。「必要かどうかわからないけどおそらくいらない」という書類も捨てます。たしかにいつか必要になる日がくるかもしれませんが、その書類を捨ててしまったデメリットよりも、書類の数が少なくなって整理分類がしやすくなるメリットのほうがはるかにおおきいはずです。悩んだら捨ててください。

大部の書類だけど数ページだけ必要な書類は、そこを破りとってファイルします。あるいはスキャンします。フラットベッドのスキャナは今では1万円程度で買えますので、ぜひ購入してください。スキャンしたら、evernoteに突っ込んでおきます。

あるいは、「読めればいい」という程度なら、スマホのカメラで撮影すれば十分です。

ここで大切なのは分類しすぎないこと。とりあえず大きく分類さえしておけば、見つけるのはそれほど大変ではありません。

洋服の数が多すぎて、いつも手前にある服ばかりを着るような愚は、今日で終わりにしましょう。

電子データの整理

ハードディスクは安い。とにかく安い。だから、ハードディスクをケチるのはやめましょう。大容量ハードディスクをガンガン増設しましょう。

そして、しょっちゅうバックアップをとるんです。あらゆるフォルダ、ウェブサイト・WordPressをバックアップしましょう。

紙のファイルの整理では、できるだけ書類を捨てることをすすめていましたが、電子データは物理的な場所をとりません。

分類整理させきちんとなされていれば、捨てる必要はありません。情報をどんどん増やして行きましょう。フォルダ名にタイムスタンプを付けて時系列で保存しておきましょう。

ほんとうに大切なものは二重三重にバックアップをとりましょう。

情報の価値をきちんと見極めてください。

大規模アフィリエイトサイトを作る最大のコツ

アフィリエイトで重要なのは「どんな文章を書くか」よりも、そもそも「文章を書くかどうか」ということなのです。

ほとんど文章を書かずにパソコンの前で悩んでいる人が多すぎる。

とにかく書いて書いて書きまくるのが第一歩なのです。

ここで、大規模アフィリエイトサイトを作る最大のコツを紹介しましょう。

大規模アフィリエイトサイトを作る最大のコツ

あなたのお母さんは、人生で何枚の皿を洗ってきたと思いますか。

その皿の枚数を最初から知っていたら、1枚目の皿を洗い始めることができたでしょうか?

分厚い本を読む方法は、「あなたの目の前にあるページを読むこと」です。

あなたはアフィリエイターとして1000ページのウェブサイトを製作しなければならないかもしれません。その場合、最善の一手は「目の前のページに全力を尽くす」ことです。

自己アフィリエイトやアフィリエイトが出るようになったら、その一部を投資に回す

自己アフィリエイトやアフィリエイトが出るようになったら、その一部を投資に回すようにしてください。

  • サーバを借りる。
  • ドメインをとる。
  • 勉強のための書籍を買う。
  • 情報商材を買う。
  • ソフトを買う。
  • WordPress のテンプレートを買う。
  • デザイナーに発注する。
  • ライターを外注する。

なんでもいいので、投資してください。投資をすれば、稼ぐスピードが早くなります。

わたしは、だいぶ稼げるようになってから、ふと思い立って情報商材を買ったんですが、「あー、初心者の頃に買っていたら、こんなに苦労しなくて済んだのに」と強く強く思いました。

もちろん、投資して良いのは、利益のほんの一部です。ただ、すごく稼げているのに、ぜんぜん投資に回さないで、徐々に売り上げが減っていってしまったアフィリエイターさんはとても多いっていうことを知っておいてください。

自己アフィリエイトでお金を稼いだら次はいよいよ普通のアフィリエイトをはじめましょう

自己アフィリエイトでお金を稼いだら次はいよいよ普通のアフィリエイトをはじめましょう。

もし、自分が今からアフィリエイトを始めるならどうするかなーって考えたので書いてみます。

無料ブログで何か売る。まずはライブドアブログとかで始めようかな。最初は、成果は小さいけど、購入率が高いものから始めよう。 たとえば、1個数万円も報酬があるようなものだと、いつまでたっても報酬が入らなくてイヤになっちゃうから、簡単なものから始めよう。

できるだけ小さいキーワード。google で1位になれるキーワード。

1個でも売り上げがあがったら、無料ブログを卒業しよう。だめだったら、また違うブログでチャレンジしよう。 もし売り上げがあるなら、そのブログを定期的に更新していたら、どんなに少なかったとしても、毎月収入が入ってくる。

ドメインを取得して、エックスサーバーを契約して wordpress をインストールしよう。エックスサーバーは月額1000円だけど、無料ブログで稼げるようになったから、不安はない。

もうちょっと大きなキーワードで勝負してみよう。エントリが10個くらいのブログを3つ作ろう。 3つ作って、最初はアクセスが多いブログの更新頻度を高くする。しばらくしたら、広告成果の多いブログの更新頻度を高くする。一番稼げないブログを捨てる。1つ新しく作る。余裕があるなら5つくらい更新する。どんどん一番稼げないブログを捨てていく。 そうやって新陳代謝をはかる。

捨てたブログもたまにはアクセスを確認するのを忘れない。性格の近いものなら、捨てたブログをサテライトとしてバックリンクを張るのもいいかもしれない。少しくらいはね。

毎日ブログを更新したら、君は昨日よりも成長している。すこしでも文章を書けば、昨日よりも「人生で作文の勉強をした時間」が増えていく。成長が可視化される。君が進むことはだれにも止められれない。 これまで、君が頑張れなかったのは、自分の成長を確認できなかったから。今日からは大丈夫。がんばれる。

アフィリエイトを始めることの本当のメリット

「アフィリエイトはほとんどリスクゼロで始められます」ってのはよく聞く言葉ですね。

無料ブログでも始められますし、かりに月数百円のサーバを借りてもほとんどタダみたいなものです。

自己アフィリエイトをすれば確実に報酬も手に入ります。

必要なのはあなたの「時間」だけなんですね。

だから、あなたがすこしでもウェブ系のビジネスに興味があるなら、すぐにでも始めるべきです。

アフィリエイトを始めて、もしも失敗したとしてもウェブにたいする知見が広がっているわけですから無駄にはなりません。

これって、アフィリエイトに限ったことではなくて、人生全てに言えることだと思います。

時間をお金に変えてはいけません。

たとえば、あなたが将来、飲食店を経営したいと思っているなら、飲食店でバイトをすべきです。

あなたが予備校講師になりたいなら、家庭教師のアルバイトをするべきです。

かならず、あなたが時間を提供したら、お金プラスアルファを得るようにすべきなんです。

だから、もしもあなたがウェブの世界にすこしでも関連した仕事をしている、あるいはしようと考えているなら、ぜひともアフィリエイトを始めてください。実際に自分で始めて見ると見えてくることがたくさんあります。そして、それらは、お金以上の財産になるのかもしれません。