アフィリエイトの記事を作成するときの注意点

アフィリエイトの記事を作成するときの注意点をまとめました。

アフィリエイトを続けていると、そのうち記事を外注したいと思うようになるかもしれません。

もちろん、外注化は作業のスピードアップのためには必要なことですが、記事を外注するようになっても、並行して自分も記事を書き続けなりません。

なぜなら、文章は、書かなければ上達しませんし、書き続けなければ下手になってしまうものだからです。

記事を書くスキルが充分でないと、外注することはできません。そもそも、記事の良し悪しの判断ができないのに、他人に記事を書いてもらうことなどできないのです。

そういえったことも踏まえて外注をしていってください。

本日は、弊社で利用している「アフィリエイトの記事を作成するときの注意点」を掲載します。

アフィリエイトの記事を作成するときの注意点

どんな記事を書くか

もっとも重要なのは「独自性」です。インターネット上に存在しないことを書けばぜったいにアクセスはあつまります。「あなただけが知っていることを誰にでもわかるように」書いてください。

ニュース性の強い記事、たとえば1年後にはゴミになってしまうような記事は書かないほうがいいかもしれません。記事にはある程度の普遍性があることが望ましいですね。もちろん爆発的なアクセスが期待できるならトレンドを追ってもいいかもしれないけど、細く長くアクセスをもらえるエントリを心がけたほうがよさそう。「サイトの資産化」を意識してください。

たとえば、「○○年決定版!」といった記事は、すぐに陳腐化してしまうので避けたほうが良いでしょう。ただしその「○○年」の情報がアーカイブとなって数年後にも役に立つ記事だとしたら書くべきなのです。

ターゲットは絞り込む。たとえば「オジサン」をターゲットにしたブログに書くエントリであっても、「60代のオジサン」をターゲットにする。そうすれば、60代のオジサンはその記事を読むだろうし、そうでないオジサンは他の記事を読むというだけ。ターゲットを絞り込んだほうが検索エンジンからの流入を見込めます。

エントリは広告目的ではなくSEO目的を意識してください。

広告は張り替える場合があるので、エントリは汎用性のあるものが良い。

内容は「ユーザの疑問を解決できる専門的でわかりやすくて信頼できるもの」です。

基本的な表記

  • 三点リーダは2つセットで使う……
  • 「思います」の連呼は注意。そもそも、ぜんぶ自分が思っていることなのだから、「思います」は不要
  • パラグラフの最初は一文字下げない
  • 改行は1行空き
  • 段落の途中に改行は入れない
  • list は、句点を打たない
  • 「カギカッコを閉じるときは句点をつけない」
  • 文末の!と?の後ろにはスペースをいれる
  • 漢字が続く言葉は、頭だけ漢字にする。有り得ない→有りえない。出し続ける→出しつづける
  • 書かなくてもわかる接続詞は書かない
  • 指示代名詞は減らす
  • アラビア数字はすべて半角を使う→12345
  • 助詞・助動詞・補助動詞・接続詞・連体詞・代名詞・疑問視・感動詞はひらがなを使う
  • 副詞はできるだけひらがなを使う。何故→なぜ・殆ど→ほとんど・是非→ぜひ
  • ?!が半角か全角かは直前の文字にしたがう→えっ!・hello!
  • 書名、雑誌名、CDアルバム名、映画名、テレビ番組名は二重かぎかっこを使う→『我輩は猫である』
  • 「」の中で「」を用いる場合には「『』」とする→「佐藤さんが『早く来い』って言っていたよ」
  • 単位は原則として単位記号を用いず、かな・漢字で表記する。例:m → メートル、kg → キログラム、s → 秒
  • 漢字はむやみに使わない。漢字を使うのは「漢字を使うほうが読みやすくなる時」だけ

ユーザがどちらの音で読めばいいのかわからない漢字は使わない

  • ユーザがどちらの音で読めばいいのかわからない漢字は使わないでください。ユーザは、ちょっとでも不快な要素があればすぐに離脱します。

たとえば、

プロフェッショナル等は~

と書いたら、「等」を「など」と読むか「ら」と読むのかわからない。読むほうは潜在意識下でストレスに感じます。わかっていると思っているのはあなただけです。

迷ったらこの書き方

1.問題提起

○○で困っていませんか? ○○ってイヤですよね。
悩み・失敗談などのネガティブな情報を入れてリアル感を作る。
最初に結果の根拠を書くと読んでもらえる確率が高まる。例 : わたしはこの方法で半年で10キロ痩せることに成功しました。
画面の向こうにいる1人の客に向かって書くイメージを持つ。
個人が個人に手紙を書いているように書ければベスト。上から目線で書かない。

2.問題の解決法の提示

こんな方法があります。

3.問題解決をできるという証拠

○○をすることで、○○に成功しました。

事実を伝えるよりも共感を伝える。
○○が現在10パーセントオフ→○○が○円も安くなっていたので入会したらイイコトがありました。
お客様の声を使って「客観的な信頼性」をアピールする。
お金の節約→時間の節約・能力の節約など、あらたな軸を使って訴求する
実体験をくわえると説得力が増す。→「わたしは実際に○○を経験して○○だったからこそ○○が必要だと思う」

見出し

文字数が多くなる場合は見出しをつける。

エントリはかならずリード文から書く。見出しからかいてはだめ。リード文を読んで本文を読みたい気にさせる。「自分でもできそう。やってみたい」と思わせることが大切。

パラグラフ

パラグラフは基本的に5行以内にする。

基本的には1パラグラフは1意であるべき。たとえば、パラグラフ中に「しかし」が登場するのは避けるべき。パラグラフは、「だいたいこのくらい書き進んだから変えよう」と考えてはいけない。文意を考えて分ける。

タイトルのつけかた

  • タイトルは重要なので気を遣う。嘘はNGだが多少は煽り気味、過大に
  • タイトルとエントリ内容は必ず一致させる
  • タイトルは、その記事を読むことでユーザにどんなメリットがあるのかあらわしたもの
  • Googleの検索結果に表示されるタイトルの文字数は28文字前後なので、28文字よりも後ろに重要なキーワードを置かない。例えば「心理学」をキーワードにしたければ「アフィリエイトで絶対に成功するためにこれまで学んできた心理学を公開します」では心理学が出てくるのが遅すぎる。
  • タイトルはありきたりな内容にしない。

自然言語検索

google は自然言語検索を進めている。いつかユーザは、「作文+書き方」ではなく「上手に作文を書きたい」と入力するようになるかもしれない。つまり、どのようなキーワードを組み合わせるかよりも、

  • 文章の論理構成が正しいか
  • ユーザに目的の情報を提供しているか
  • タイトルと内容が一致しているか
  • 強調キーワードはユーザのために書かれているか

という要素が次第に大切になっていく。

読みたくなるエントリ

まずそのエントリを一目見て読む気にさせる。

  • ユーザの使う言葉を使う。→だからこそ、「うわっ…私の年収、低すぎ…?」というコピーは強い
  • 数字を使う。○倍。○円
  • ユーザが読みたくなるような文字を目立たせる
  • 欠点を書く。欠点を長所に変える

1行目を見て、続きを読みたくさせる

たとえば、1行目で謎を提示する。謎を作る方法は様々。→「メロスは激怒した」「山椒魚は悲しんだ」

  • あなたがきっぱりと変わる方法があります
  • 自由な時間が2倍になります
  • 自由に使えるお金がどんどん増えていきます

並列の注意

係り受けが違うものを並列に扱わない。

メールやデートに誘ったりする努力をしましょう。

メールを書いたりデートに誘ったりする努力をしましょう。

品詞をそろえる

仕事には、十分な体力と、失敗を恐れず行動したりすることが求められる。

仕事には、十分な体力と行動力が求められる。

「たり」の欠落に気をつける

メールをしたり手紙を書いてこころをつかむ

メールをしたり手紙を書いたりしてこころをつかむ

あるいは述語を工夫すると並列にできる場合があります

彼は俳句を詠むし茶道もできる。

彼は俳句も茶道もたしなむ。

ことわざや名言を使う

ネットで調べると簡単に名言が検索できます。たとえば、「チャレンジする勇気」に関する文章を書いたら「名言+勇気」で検索すれば、

出来ることから始めなさい。 第一歩から始めなさい。いつも必ずこれ以上できないという限界があります。あまり多くやろうとすると、何事もなし得ないでしょう。( ウスペンスキー&グルジェフ )

なんていう名言を簡単に調べることができます。

主語

主語が遠すぎないようにする。

「この間知り合ったサラリーマンは、最初はただいっしょにお酒を飲んでいただけだったけど、何度か会っているうちに、一緒にビジネスをはじめることになって、今回の成功に結びついたわけで、こちらとしてもうれしかった」

こういう複文を避ける。2文に分ける。主語と述語を近づける。主語を明確にする。

主語と述語が対応していない文を書かないようにする

その理由は、日本語の文法が特殊だからだ。

主語と述語が対応していない。

その理由は、日本語の文法が特殊なことだ。

とする必要がある。

助詞の「が」

助詞の「が」を多用している文章は読みにくい。
~~が、~~が、~~である。
というふうに「が」を連続して曖昧にあつかう文章が多い。「が」は、順接でも逆説でも使えるし、格助詞にもなるので、何にでも使える。ところが読む方は「が」が並んでいると意味を類推しなければいけないのでストレスが溜まる。「が」の使用は極力控えるべき。

アフィリエイトの話になりますが、昨日知り合いが始めることになったのですが、教えてくれと言われたのですが、予定がかぶっちゃったのでことわりました。

指示語・代名詞の示す先は必ず明確にする

「そのことで」「そのほうが」「それが」「これは」「それは」などの指すものはかならず明確にする。指示語を使うくらいなら、くどくならない程度に、指示語を避けて繰り返すほうが良い。

「3つの方法」「5つの技術」

「3つの方法」「5つの技術」などの数字を入れると seo に強いし便利。なぜなら、タイトルを自然にエントリの中に入れることができるから。

キーワードを近づける

タイトルが「アフィリエイトで稼ぐための3つの法則」だとしたら、本文内容は

本日はみなさまがアフィリエイトで稼ぐために心得ておくべき法則をまとめてみました。

よりも

本日は、「アフィリエイトで稼ぐための3つの法則」をまとめてみました。

のほうが強い。

文章は短く

文章は短くする。一文の上限は60文字。短くするのは簡単なようでいて難しい。思考が整理されていないと短くすることはできない。逆にいうと、きちんと書きたいことが整理されていないからダラダラと一文が長くなる。

もちろん、読みやすいと確信を持っているならいくら伸ばしてもかまわない。

「が」と「を」の使い分け

「が」と「を」を間違って使っている例をよく見かける。

デートをしたい。
デートがしたい。

この場合は、デート「が」したい。が正しい。

デートをする。
デートをしたい。

この場合は、デート「を」する。がただしい。

つまり、行為であれば「を」を使い、状態のときは「が」を使う。

デート「が」できる。

だったら、能力=状態なので「が」を使う。

最近は、欲求や能力の場面で「を」を使う人が多い。

デート「を」したい。

など。

本来は誤用であるけれども、どうしても使いたければ使っても良い。

避けるべき重言(重ね言葉)

あとで後悔する
あらかじめ予定する
いちばん最後
必(かなら)ず必要
いちばん最初
何よりも一番
いちばんベスト
今、現在
はやりの流行語
いまだに未完成
犯罪を犯す
収入が入った
今の現状
期待して待つ
従来まで
製造メーカー
色が変色する
余分の贅肉
そもそもの発端
収入が入る
若くして夭折する
はっきりと断言する
引き続き続行する
違和感を感じる
取りあえず応急処置をする
まず第1に
約(50メートル)ぐらい(ほど)
古来から
電車に乗車する
だいたい60字ぐらい
最後の追い込み
まだ未解決
日を追うごとに
思いがけないハプニング
およそ千数百円
およそ二十分ほど

「れる」「られる」の曖昧さに注意

この広告の問題が解決されれば、アフィリエイトはうまくいったと思われます。

「れる」「られる」は受身・可能・尊敬・自発の判断が難しいので読みにくい。

この広告の問題を解決できれば、デートは成功します。

過去形よりも現在系のほうが伝わる

日本語は、あいまいな時制が許容されるので、できるかぎり現在形を混ぜていったほうが情熱が伝わりやすい。

儲けることができたので感動しました。→儲けることができたので感動しています。

読ませたい場所ではカギ括弧(「」)を使う

具体的なセリフを書いたほうが読みやすいし、真に迫れます。

アフィリエイトをすぐに諦める人がいます。

「ぜんぜん稼げません」
そんなメールがいつも届きます。

「こと」「もの」を多用しない

「こと」「もの」は、直前の内容をまとめて名詞化したものですが、使いすぎると文章の内容がわからなくなります。あるいは、文章の内容がわかってなくても書き進むことができてしまいます。

感情語はできるだけ使わない

「驚いた・悲しかった・嬉しかった・楽しかった・怒った」などの感情語を使わないで感情表現をすべき。

心が震える・汗が出る・顔が紅潮する・目が血走る・胸が高鳴る・顎がはずれる・目が輝く・胸が弾む・目を丸くする

初心者が賢く稼ぐためのアフィリエイトについて

アフィリエイトという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。アフィリエイトは、インターネットをやっている大抵の人が知っていると思います。

アフィリエイトとは、日本語で「成功報酬型広告」といって、インターネット上にある広告の形態のことで、ウェブサイトにある広告からそれを見た人が広告の商品・サービスを購入したときに、利益に応じた客引きの成功報酬をもらえるという一連の流れのことをいいます。

ホームページを持っている人は実際にアフィリエイトをしたことがある人も多いでしょう。私もホームページを作ってアフィリエイトとしたことがありますが、やり方が悪かったためにうまく稼ぐことができませんでした。しかし、そのサイトは人が来ないサイトだったということや、あまり念を入れてやっていなかったということもあるでしょう。

正しい方法で根気よく頑張れば、たとえば1日5万円くらいでも稼ぐことも可能と言われているのです。

初心者がアフィリエイトをする方法のおすすめのひとつに、「自己アフィリエイト」という方法があります。

これは、自分が広告する側となって、その広告の製品を自分で購入するとお金が入るというものです。さらに、この自己アフィリエイトの場合は、ホームページやブログを作る必要も無く、インターネットができれば可能なのです。

このアフィリエイトはアフィリエイトのサービス会社から認められているので違法ではないのですが、なかには禁止されている場合もあるので確認をしておきましょう。

たとえばオンラインゲームや懸賞サイトの無料の会員登録や保険会社の無料の資料請求などを申し込めばできますし、優良商品でも購入する金額よりも高い報酬があるものまで存在するので狙い目です。

たとえば、今欲しいと思っている商品があれば、自己アフィリエイトできるかチェックしてみましょう。欲しかった商品を安くすることができて便利です。

ホームページのアフィリエイトでは、とにかく根気が必要です。ちょっとやっただけでは成果を出すことはほとんど不可能なので、地道にやっていくことがポイントとなります。

アフィリエイトを成功させる方法はいろいろありますが、ライバルが多いため、一番確実と思われるのが「そのサイトを魅力的なものにする」ことでしょう。

たとえば、1人前のサイトの記事数は100記事と言われています。

さらに、現在のGoogleはサイトに滞在する時間が長いほど優良と認識しているらしいので、文章を1000文字以上にするのも効果的です。もちろん小見出しなどをつけて読みやすくすることも大切です。

また、記事の内容についても、読む人の心を考えて作りましょう。
たとえばダイエット商品についての記事の場合なら、その商品の値段や成分などよりも、痩せたことで「性格が明るくなった」「鏡を見るのがうれしい」といった、読む人の願望を考えることが大切です。