アフィリエイトと代表性ヒューリスティック

Aというアフィリエイト商材を扱おうかどうしようかと考えた時、Aに似た商材を思い浮かべて、その商材をもとに判断します。

このようにあなたの過去の記憶に基づいて判断を下すことをヒューリスティックと言います。経験則のようなものだと思ってください。

さらに、何事かの発生確率を考えるときに、その出来事の典型的な特徴に対する確率だけを過大に考えてしまうことを代表性ヒューリスティックといいます。

パンダアップデートで○万円分のアフィリエイト収入がふっとんだ。なんていうブログを読むと、自分も対策しなくては。なんて思いますよね。

でも、よくよく考えてください。起こるかどうかわからない順位低下の対策を過去のアフィリエイトサイトに施すことと、あたらしいアフィリエイトサイトをどんどん立ち上げて行くこととどっちが費用対効果が高いでしょうか。

これは、代表制ヒューリスティックによって、自分のアフィリエイトサイトも順位が低下してしまうのではないかと強く思わされている例ですね。

「リスクがあるかもしれない」と、いつまでも心配し、生産性の高いタスクをこなせない状況に陥っているのかもしれません。一度、冷静に、費用対効果を考えてみてください。

コメントを残す