アフィリエイトはテーマを絞ってサイトを作成する

アフィリエイトに取り組んでいる人は年々増加しています。逆に言うと、それだけライバルが増えている状況です。

この状況で王道中の王道に取り組んでも、結果を得られる可能性はかなり低いです。そこで取り組むべきことは、「テーマを絞ってサイトを作成すること」です。

サイトを作る時にテーマを絞る

例えばダイエットを題材とします。

「ダイエット 方法」などの検索結果で上位に表示されれば月数百万円の収入を得られる可能性は十分あります。

しかし今から初心者が取り組んでも、ほぼ勝ち目はありません。すでに上位表示されるようなサイトは10年、20年前からとりかかって今の地位を確立しているわけです。

そう考えると初心者では、とても太刀打ちできません。テーマを絞る時、初心者の場合は2つないし、3つのキーワードに絞るのが良いです。

例えば、

  • 商品名 効果
  • 商品名 感想
  • 商品名 ビフォーアフター
  • ダイエット 商品名 口コミ
  • ダイエット 商品名 効果
  • ダイエット 商品名 体験談

上記のような形です。

仮に、サイト名をつけるなら、

「ダイエット器具◯◯の効果とは?」

などと付けます。

そしてダイエット器具の効果について記載するのはもちろんのこと、いろいろな視点から記事を書いていきます。

  • ダイエット器具の値段について
  • ダイエット器具の購入サイトについて
  • ダイエット器具の返品について
  • ダイエット器具の使用方法について
  • ダイエット器具の使いやすさについて
  • ダイエット器具のメリットについて
  • ダイエット器具のデメリットについて
  • ダイエット器具の大きさについて
  • ダイエット器具を使ったトレーニングの応用について

このように視点を変えれば、記事はいくらでも増やせるはずです。仮にダイエット器具の効果とはちょっと視点がずれても、紐付けて記載していけば問題ありません。

テーマが広すぎるとターゲットを絞りづらく、集客も難しいので初心者は何かひとつのテーマに絞って、深く掘り下げた記事を書いた方が良いでしょう。

キーワード検索ツールを活用する

どんなテーマで絞って書けば良いかわからない場合は、ヤフーサジェストやGoogleサジェストなどを使ってキーワードをピックアップしてみましょう。

グーグルサジェスト
http://www.gskw.net/

goodkeyword
http://goodkeyword.net/

例えばここにキーワードとして、「ダイエット」と入力してみます。すると、様々なダイエットに関する検索されているキーワードが出てきます。

  • 「ダイエット 効果」
  • 「ダイエット 感想」
  • 「ダイエット 置き換え」
  • 「ダイエット 青汁」

など。

「ダイエット 感想」や「ダイエット 口コミ」はちょっと王道すぎるので、もう少しコアなキーワードを選んだ方が良いでしょう。

ただ、ここでどのキーワードをピックアップすれば良いか、初心者は迷うと思います。

そこで役立つツールが検索する予測ツール!

キーワードを入力して月間でどれぐらいの検索数があるのかを予測できるツールがあります。

aramakijake.jp
http://aramakijake.jp/keyword/index.php

ここに「ダイエット」と入力してみるとGoogleとYahoo!JAPAN、それぞれの月間検索数が出てきます。

ちなみに「ダイエット」と検索すると、Yahoo!JAPANでは90万件以上、Googleでは74万件以上の検索があることがわかりました。

これを「炭水化物 ダイエット」というキーワードに変えてみましょう。そうすると月間検索数がYahoo!JAPANで4万4,000件、Googleで3万6,000件まで減ります。

これぐらいのほうがかえって、サイトを作っているライバルも減るので初心者でも参入しやすくなります。

具体的に月間検索数が何万件以下なら初心者でも参入すべきと断定するのは難しいですが、あえて申し上げるなら、月間検索数が10万件以下なら十分にチャンスありです。

ライバルをチェックする

サイトを作成する前にチェックしておきたいのが、ライバルチェック!
自分が考えているキーワードで、すでにたくさんのサイトがあれば上位表示されるのが難しくなります。

ライバルチェックの仕方は色々な方法があります。

  • ドメインの年数
  • 被リンクの数
  • 記事数
  • サイトの見た目
  • 最終更新履歴
  • 独自ドメインを取っているか

上記のようなものをチェックしてきます。

ちなみに私は最初はこういったものをチェックしていましたが、今はそれほどチェックしていません。

ざっとライバルのサイトを見て「勝てそうだな」とか、「無理だな」とかを直感的に判断しています。

ざっと見て記事数が多く、長年運営していそうなサイトがたくさんあったら違うキーワードにした方が良いでしょう。

ただ、ここでの調査をあまり細かく分析するのは個人的に良いと思いません。何より大事なのは、記事を書くこと!

調査ばかりに時間がかかって、サイト作成という本丸がなかなか実行されなければ本末転倒です。

調査はほどほどにして、覚悟を決めてサイト作成するのがお勧めです。

コメントを残す