続ける技術

何かを続けることの難しさはだれでもが知っていますね。

けれど、すぐに挫折してしまうあなたは、そのたびに自己嫌悪に陥ります。

どうしても続かないと悩んでいるなら以下の3つの方法を試してみてください。

1.失敗しても自分を責めない。

毎日勉強するという目標があったとします。もしも3日坊主になってしまったとしても、自分を責めないでください。それよりも、勉強を始めたことを誇ってください。自分を責めてしまうと、次にもう一度チャレンジするときの障害になってしまいます。何度でも始めてください。何度でも始められるというのは、続けていることと同義なのですから。

2.行動に褒美を与える。

勉強をしてテストの点数が上がったからといって自分にご褒美をあげてはいけません。それでは、勉強をしてもテストの点数が上がらないのではないかと不安になったときに、その作業を続けることができません。それよりも、きちんと毎日勉強を続けていることに対してご褒美をあげてください。

ご褒美の内容は、お酒でもチョコレートでも女性とのデートでもいいでしょう。ただ、そんなに大げさなものではなくても、勉強日記を作って、その日記に「今日は勉強を○時間できた」と書くだけでも十分なインセンティブになります。一度試してみてください。

3.ルーティン化する。

ぼくの朝のスケジュールは以下のとおりです。

起床 読書
---オーディオブックを聞きながら---
1:00 ストレッチ/筋トレ
1:30 家事
---オーディオブック終了    ---
2:00 食事 / タスクリスト見直し / 日誌
2:15 勉強
2:30 タスク or ジョギング
3:30 風呂&食事
4:00 読書
5:00 タスク
8:00 休憩
9:00~12:00 タスク

とくに用事がない日は起床から12時間後まで明確にルーティンが定められています。基本的にはこのとおりに行動するだけです。自分で考える必要がないので楽です。このスケジュールに組み込まれていれば、どんな作業も続けることができます。

身につけなければならないことはたったひとつ。

スケジュール通りに行動するスキルです。

たったそれだけのスキルであらゆる作業・学習・運動を習慣化することができます。学生時代の時間割を思い出して、あなたのスケジュールを作ってみてください。

コメントを残す