はじめは正攻法ではだめ?「トレンドアフィリエイト」で初心者が儲けるためのコツ

自己アフィリエイトに慣れてきたら、今度は普通のアフィリエイトに挑戦してみましょう。

アフィリエイトにはいくつか種類がありますが、その中でも初心者向きと言われている「トレンドアフィリエイト」。トレンドアフィリエイトは確かに初心者向きであり、上手くすれば始めて間もないうちから大きく稼げる事もありますが、とはいえやはり一筋縄ではいきません。トレンドアフィリエイトにもコツが必要ですので、初心者が特に覚えておきたい部分を以降でご紹介していきます。

1.サブキーワードで戦う

まだアフィリエイトを始めたばかりの初心者の場合、ブログ自体の”ドメイン力”が弱いです。例えばドメイン力が弱い状態で、「オリンピック」というビックワードで勝負しようとすると、どんなに質の高い記事を書こうと、ドメイン力の強い大手のライバルブログに全てを持っていかれます。世間的に注目度の高いワードほどライバルも増えますので、その傾向は強くなります。

ではどうしたらいいかと言いますと、初心者が狙うのはサブキーワード。例えば「オリンピック」をネタにするのであれば、「オリンピック 注目選手」、「オリンピック みどころ」、「オリンピック 閉会式」、などのサブキーワードを利用すると、ドメイン力が弱いブログでも比較的アクセスを集められ稼ぎ易くなります。

2.サブキーワードを更にひねる

ただし上で挙げたような「オリンピック 注目選手」、「オリンピック みどころ」などのサブキーワードも比較的誰もが思い付き易いワードですので、既に大手のライバルブログが狙っている可能性が高いです。

そこで、初心者が更に確実に戦うのではあればサブキーワードをもう一押し”ひねる”事です。例えばオリンピックをつまらなく感じる人々は一定層おり、「オリンピック つまらない」、「オリンピック 何が楽しい?」などで検索を掛けて来ます。こういった意表を付いたサブキーワードを狙うのも一つの作戦です。

3.新規のキーワードを素早く狙う

今年2016年のオリンピック閉会式は、安部総理が登場した事で話題になりましたよね。その時点で「オリンピック 閉会式 安部総理」というこれまでに無かった全く新しいトレンドワードが誕生します。これをいち早く察知し記事として書き上げネットの海に流せば、早さがプラスとなりドメイン力の弱いのブログでも大きなアクセスを呼び込む事が出来る事があります。ここでも意表を付いて「オリンピック 閉会式 安部総理 ばかばかしい」など、更にひねりを付けるとより効果的な場合もあります。

トレンドアフィリエイトの場合、”早さ”もものを言いますのので、いかに新規のキーワードを早く狙えるかも初心者にとっては大きな課題です。

4.記事の中身を練る

トレンドアフィリエイトといえども、記事の中身は大事です。

例えば「オリンピック つまらない」のワードに対して、感想文の様な内容のない愚痴や不満を書いていると検索エンジンにも評価され難くなりますし、SNS拡散もされません。また文字数などを稼いだりする小細工をして仮に検索エンジンに評価されたとしても、おそらくそういった記事は内容を読まれず閉じられる事が多くなりますので、アクセスは集められても稼ぎには繋がり難くなります。

このためトレンドアフィリエイトといえども中身はしっかりと練って書きたいところ。「オリンピック つまらない」で書くのであれば、多くの人に共感を得る内容を交えたり、客観的なデータを交えたりするなど、中身の質を上げる事が大切です。共感を呼ぶ内容や、誰かに伝えても恥ずかしくない内容の記事とすれば、「イイね」ボタンがクリックされたり、「はてなブックマーク」登録され、それが自然と検索エンジンの評価を上げ、SNS拡散にも貢献してくれます。

5.記事の中身には突っ込みどころを含める

トレンドアフィリエイトの場合、記事の中身を練る事も大事ですが、完璧にし過ぎても逆効果な事もあります。完璧な内容の記事の場合、読み終わった際に満足して画面を閉じられてしまう事があるためです。

一方で、1つや2つ敢えて突っ込みどころや挑発するような内容を書いておくと、読者がそれに対して反論したくなり、コメント欄に書き込んだりSNSで拡散されたりのアクションを起こしてくれる事があります。またコメント欄に一度書き込んだ読者はそれに対しての反応などを意識するようになり、再びあなたのブログを訪れてくれる事があります。こうなると一種のリピーターのようになり、広告のクリック率も上がってきます。

言い換えれば一種の炎上商法といったものです。やり過ぎるとあなたのブログの評価が落ちるリスクがありますが、初心者でまだアクセスが集まっていない状況であれば多少は突っ込みどころを与え読者を引き付けるのが良いかと思います。

コメントを残す