「専門サイトのほうが強い」は本当?

アフィリエイトの世界では、「なんでもあるサイトよりも専門サイトのほうが強い」とよく言われます。

健康よりもダイエットが強いし、ダイエットよりも糖質ダイエットのほうが強いし、糖質ダイエットよりも糖質ダイエット実践のほうが強い。

でも、たいていのキーワードって結局は幅広いジャンルのサイトが上位になりますね。もちろんそれがCVに結びついているかはわからないし、労力との兼ね合いでいったらやっぱり専門サイトのほうが費用対効果が高いということなのかもしれません。

しかし私は広いジャンルのサイトも専門サイトも多数持っていますが、圧倒的なPVを集めている広いジャンルのサイトで、ぜんぜん関係ないことを書いても、すぐに検索上位になってしまいますし、CVも専門サイトに見劣りしません。

ここにさらに今後はgoogleが著者情報を重視するだの、SNSを重視するなんてやりだしたら、やっぱりあまりに狭いジャンルに特化したアフィサイトを作るのってどうなんだろうなーって思います。

ぜんぜん関係ないけど、特化って「とくか」だと変換されないですね。「ふいんき」は変換されるのに。

コメントを残す