長文?短文?アフィリエイトの記事は何文字がいいの?

アフィリエイトの最も辛い作業といえば、毎日の記事作成ではないでしょうか?

いわゆるサイトとして”一人前の基準”は100記事なんて言われますがでは、その記事は最低、何文字程度必要か考えたことありますか?

記事の文字数について~今と昔

昔は「サイトの記事数」が多いほど、優れたサイトと評価され2000文字の1記事より、200文字程度の10記事あるサイトの方が良いサイトと言われていました。

最近では「記事の品質」が重要な評価基準となってきて最低でも1000文字以上。今では1記事5000文字以上を設定するアフィリエイターもいるくらいです。

短文記事のメリット・デメリット

「文字数が少ない記事はダメ」というのが今の考えですが、googleからは「文字数が少ないことでペナルティになることはない」と発表しています。

そのため一概に、文字数が少ない短文記事がNGとは言えません。当然、書き上げるスピードは、長文記事に比べたら有利で作業量を考えれば最大のメリットでもあります。

ですが、短い文字数で悩みを解決したり、商品を訴求したり、提案を説得させるのは、なかなか難しいのが本音。

短文を意識しすぎた結果、内容の薄い「低品質な記事」になりやすいのは短文記事のデメリットと言えるでしょう。

長文記事のメリット・デメリット

googleは続けてこう言っています。「例え、長文の記事であっても品質が悪ければ、ペナルティ対象となり得る」

書くのも大変なのに加え正直、読む方にとっても一苦労な長文。わざわざ5000文字以上も書いて「低品質」なんて思われるのは、たまったものではありません。

とは言え、やはり長文の記事になれば自然と、用語説明も増え網羅性も満たし、説得性も高める記事に仕上がるので決まったひとつのテーマでガッツリかくなら、自然と質の良い記事となるのがメリットと言えるでしょう。

トレンドは長文!ただし真意を見抜こう

今は、より記事の品質を意識した長文記事がトレンドです。キュレーションサイトはもちろん、アフィリエイトサイトや中にはサテライトサイトであっても2000文字以上書く人は多いです。

ですが、気をつけたいのは「品質」の真意。いくら長い文章でも、的はずれな内容をダラダラと書いていたらペナルティをくらう恐れも十分にあり得ます。

  • 記事のテーマ
  • 想定する読者
  • テーマの答え

これらの軸をしっかり意識して記事を作成するのが重要です。

「いきなり長文なんて…」という人は、無理せず短文から始めるのも問題ありません。

高品質な記事を書けるようになってきたら、自然と短い文字数では書ききれなくなってくるはず。

そこからゆっくり文字数を増やしていくのも良いアイデアのひとつです。

コメントを残す